ないかな、ないよな、きっとね、いないよな。フジファブリック志村さん没後10年の命日に思う。

2009年12月24日。フジファブリックのボーカル志村正彦さんが亡くなった。

この2009年という年は、自分が死んでしまうような、もしくはそれ以上のことがおこった年だった。

自分が死んでしまう以上のことなんてこの世には存在しないのかもしれないけど、とにかくそれほど衝撃的で、私の人生を大きく変えてしまうようなことが何度もおきて、その年の最後の最後に大好きだったフジファブリックの志村さんが亡くなった。

12月24日に志村さんがなくなったというニュースをただボーッと見ながら私は不思議と落ち着いた気分だった。

死因は不明で、病死だとか自殺だとかいろんな憶測が飛び交っていたけどそんなことどうでもよくて。

志村さんも君んとこにいったから、もう寂しくないよ。

その思いだけが唯一私の救いだった。

10年たった今も君のことを忘れたことはないし、若者のすべてもライブでやってるよ。

ふりむいたまま僕はそっと歩きだして~の後のチャラチャラチャラチャンっていう音が、なんだか出発のシグナルのように聞こえるようになってきた今日この頃。

やっぱ思い出してしまうな。