少年時代をソプラノ琴でひいてみた

ご好評いただいてます。ユーチューバーへの道。本日は夏の終わりにぴったりなこちらの曲をお送りします。



ソプラノ琴で少年時代

お琴の音色が心地よいですね~

実はこの曲、私が高校生の頃だと思うんですけど、実際にお琴で弾いたことがあったんです。当時は「なーんか単調な曲だな」なんて生意気なことを思っていたのですが、20年たってやっとこの曲の良さがわかったような気がします。

お琴で弾いてみるコーナーはこれから色々な曲をアップして、日本の伝統楽器のよさを紹介していけたらと思っております。

ちなみにこちらのお琴はソプラノ琴といって、普通のお琴の半分くらいの大きさで、高い音を出すことができます。

少年時代について

1990年9月リリース、井上陽水さんの大ヒット曲です。

合唱コンクールによくあるようなピアノの伴奏が印象的ですよね。こちらは陽水さんとお友達の来生たかおさんが弾いてるそうです。来生さんも素晴らしいミュージシャンですよね。

陽水さん曰く、来生さんにピアノをお願いした理由が、この曲の「どこか未完成でまだまだ上達する余地のある少年」というイメージにぴったりだったからだそうです。たしかにいい音を聴かせようというより、迷いのないまっすぐな音が、少年時代と重なって逆に心に響いてきます。

詩的な歌詞がなんともよい雰囲気をだしてますよね。風あざみ、宵かがりっていうのは陽水さんの造語だそうです。

みなさんもぜひ、素敵な陽水さんの歌声に酔いしれてみてください。