お米の水加減がわからない、何合かわからない時、指や手のひらであわせる方法を動画にしました



お米の水加減がわからない…そんなことありませんか?

主婦の皆さんいつもごはん支度お疲れ様です(^^)

皆さんはお米を準備して、いざ研ごうという時に何合かわからなくなったことはありませんか?

そんなことない!ですって?

素晴らしいです((T_T))ポンちゃんもそんな脳の持ち主に産まれたかった…

でもでも、お米を準備した後に電話がきたり、子供に話しかけられたりして、「あれ?何合いれたんだっけ?」と。そんなことがないとはいいきれませんよ。

そんな時にもちょうどよい水加減でお米を炊ける動画を紹介します。

その動画がこちら

これをみるととっても分かりやすいですのでぜひ覚えておいてください。

1、お米をたいらにする

2、手のひらをそーっといれる

3、手の甲の骨がギリギリ見えるくらいに水をあわせる。

これでオッケー!

お米をきちんと計量して釜にいれた場合は、こうやってあわせて手を抜いてみると、正解の水位にかなり近い場所になっているはずなので調整しましょう。

どんな時でも使えるの?

1合でも5合でもこの水加減でちょうどよくなります。

お米を研いでいてうっかり流してしまったり、キャンプの時にお鍋で炊くときにも使えます。ちなみに飯ごうで炊くときは手のひらが入らないので中指を突き立てて計量するといいですよ。

米袋の中に3合か4合くらい残っているっていう時も、ザザーッとあけちゃって研いでもこれを覚えておけば大丈夫!

ポンちゃんの実家は昔ガス釜でごはんを炊いていて、炊飯器のように目盛りがついていなかったので毎回この方法でお米を炊いていましたが、とってもおいしかったです🖤

今回のような生活の知恵動画もどんどんアップしていきたいなと思っておりますのでみなさん応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m